以前から顔見知りか 逮捕の男女4人、住宅に出入り 印西

  • LINEで送る

 印西市の住宅に火を付け、この家に住むとみられる女性を殺害したとして19日、殺人と現住建造物等放火の疑いで男女4人が千葉県警に逮捕された事件で、4人は事件前から女性宅に出入りし、事件当日も4人と思われる男女が目撃されていた。4人のうち1人は以前から女性と面識があったとみられる。県警は印西署に捜査本部を設置し、100人体制で捜査。20日に4人を送検する。

 同本部によると、逮捕したのは自称印西市草深、職業不詳、金崎大雅容疑者(20)。他に東京都墨田区東墨田3、仲内隼矢(20)と住所不定、菅野弥久(20)の両容疑者、東京都の少女(16)。4人の認否を明らかにしてない。

 焼け跡から見つかった遺体は司法解剖の結果、50~60代女性で、死因は焼死。喉にすすが付着しており、火が付けられた際には生きていたとみられる。この家に1人で住んでいた無職、海老原よし子さん(55)とみて、身元確認を急いでいる。

 同本部などによると、4人は友人同士で、現場の状況や聞き込みなどから4人が浮上。火を付けた現場に4人がいたとみられ、火が出た前後に住宅近くにいたことが確認されているという。車で逃走したとみられ、18日正午すぎ、静岡県富士市の道の駅に駐車中の車にいたところを千葉県警の捜査員が確保した。

 現場は北総線印西牧の原駅から東へ約2キロ。住宅と雑木林が混在する静かな地域。