少年虐待で元コーチに禁錮30年 英サッカー界揺るがす 

  • LINEで送る

 【ロンドン共同】英中部リバプールの裁判所は19日、サッカーのクラブチームで多数の少年に性的虐待をした罪に問われた元コーチのバリー・ベネル被告(64)に禁錮30年の判決を言い渡した。

 被告は中部チェシャー州のクラブのユースチームのコーチ、名門マンチェスター・シティーのスカウトなどを務めていた。2016年に英紙がユース時代に被害を受けた元プロ選手の証言を報じて以降、元イングランド代表を含む元選手らが次々に被害を訴え、英国のサッカー界を震撼させた。

 英メディアによると、被告は練習場への送り迎えをする車の中や自宅で、未成年の選手に性的な虐待行為を繰り返していた。