辞意より原因の究明を スポーツ庁の鈴木長官

  • LINEで送る

取材に応じるスポーツ庁の鈴木大地長官=20日、羽田空港

 アメリカンフットボールの日本大選手が悪質な反則行為で関西学院大の選手を負傷させた問題で、スポーツ庁の鈴木大地長官は20日、日大の内田正人監督が辞任を表明したことを受け「辞意よりも、われわれは危険なタックルがなぜ起こったのかという原因を知りたい」と真相究明を求めた。海外出張を終えて帰国した羽田空港で報道陣の取材に応じた。

 内田監督がラフプレーを自ら指示したか言及を避けたことに不満を示し、規律委員会が調査を行っている関東学生連盟に「公正、客観的に原因究明し、再発防止に努めてほしい」と要望した。