学費、年収380万まで段階支援 大学無償化で政府

  • LINEで送る

文部科学省

 安倍政権が人づくり革命の目玉施策の一つとして掲げる大学など高等教育の無償化について、政府が年収380万円未満の世帯を対象に、授業料免除や給付型奨学金の支給などを実施する方針を固めたことが26日、関係者への取材で分かった。完全に無償化する年収270万円未満が目安の住民税非課税世帯に準じる世帯についても、課税所得額に応じて段階的に一部を支援する。

 文部科学省の専門家会議で近く案を示し、政府の「骨太方針」に盛り込む。文科省は年内をめどにさらに詳細に内容を詰め、来年の通常国会で関係法令を整備、2020年度から制度化する。